読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2nd ステージ ホーム開幕!〜浦和レッズ vs 柏レイソル

浦和レッズ 試合観戦記

7月9日   柏戦

 

2016/7/9(土)   19:00

 

浦和レッズ 2-0 柏レイソル     ( 前半 1-0 )

 

『入場者数』  27875人

 

『得点』    

   前半32分    阿部勇樹(浦和)

   後半5分      李 忠成  (浦和)

 

-----------------------------------------------------------

 

 

すごく久しぶりにスタジアムに行くことができました!

 

試合の少し前に雨が降っていたせいか、好カードだったにも関わらず空席が目立ちましたが、埼スタの雰囲気はいつものように両チームのサポーターの声援が響いていて最高でした!

 

f:id:aoialive:20160710003153j:plain

 (悪天候でしたが多くの柏サポーターが訪れていました)

 

OA枠でオリンピックの代表に選ばれた興梠選手に対して、柏サポーターから声援がありました。

たとえ敵のチームであっても、日本を代表して戦う選手に対し、柏サポーターの行為は素晴らしいと思うし、このような光景がスポーツの持つ素晴らしさだなと、改めて実感することができました。

 

 

試合は開始から互いに激しい球際の争いがありました。

 

特に右サイドでの柏・クリスティアーノ選手と浦和・遠藤選手とのマッチアップは、この日の天気と肌寒い気温をを忘れさせてくれるくらい激しく体をぶつけ合っていました。

 

そんな激しい前半の半ば、素晴らしいFKが決まります。

 

だいたい右斜め45度程度の位置から、阿部選手の蹴ったボールがゴールの右上隅に決まり、浦和が先制に成功します。

 

僕は5年以上サッカーを観戦していますが、直接FKが決まる瞬間を初めて生で見ました!

 

僕は浦和サポーターではないのですが、決まった瞬間思わず両手を上げてしまうほど興奮してしまいました。

 

それくらいコース、スピード共に完璧なFKだったと思います!

 

後半は浦和がセカンドボールを拾いつつ、ロングボールなどでサイドから攻め、主導権を握っていました。

 

そして後半の李 忠成のゴールは浦和らしいパス交換からのボレーで浮かせるという素晴らしいゴールでした。

 

前半にGKとの一対一を外して、なんであんな難しいゴールが決められるのかが少し不思議ではあります(笑)

 

もっと簡単なゴールを決められていたら、浦和はもしかしたら優勝していたシーズンがあったかも、なんて思ってしまいました。

 

しかし、後半の20分過ぎから、だんだんと柏の時間になっていきました。

 

裏に抜け出され、ゴールポストを叩くなど危ないシーンが増えていきました。

 

原因としては空中戦で勝てなくなり、ボールが収まらなかったこと、パスミスが目立つようになったことだと思います。

 

今日は勝てたから良かったですが、大事な時にこれらのことが非常に目立っていると見ていて思います。

 

1stステージの大一番、鹿島戦でもパスミスから先制点を奪われ、結果負けています。

 

このままでは、またシーズンの終盤負けを重ね、に勝負弱い浦和と言われる可能性が高いです。

 

もちろんポジティブな場面もありましたが、それくらい不安になってしまう後半の展開でした。

 

 

個人的に今日のMVPは、久々に先発した那須選手です!

 

DFラインの中央に入り、裏に出された時のカバーリングやサイドを崩された時の落ち着いた対応は、さすがベテランだなと感じました。

 

もちろん、右サイドの遠藤選手が、クリスティアーノ選手に仕事をさせなかったことも勝因の一つだと思いますが、浦和が今日の試合を6試合ぶりの無失点で終えることができたのは、那須選手の貢献が非常に大きいと見ていて思いました。

 

 

 この試合の結果、年間順位では上位3チームが頭一つ出ている状態になりました。

 

ギリギリの状態の試合が続くこのサバイバルゲーム、見逃せません!

 

ぜひ、1度スタジアムに足を運んでみることをオススメします!

 

 

そして、僕はこれから期末のレポートなどで忙しくなると思いますが、試合を見に行ける時間を作れるように頑張っていきたいと思います(汗)!

                        アオ